にほんブログ村
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
にほんブログ村
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ブログ 前ちゃんの弁理士とは!

大阪城の東にある商売人の家の出ですわ。
国家上級試験(国家擬錙法⊆かりながら、フルに試験受けて弁理士になった遠回り人生。まあこんなんもおるやろうと。子供の頃から親父に連れられて行った緑橋の鈴屋!  最近は、京橋、鶴橋をプラプラしてますわ。 
 (このブログに個人的に感想を下さる方は、
  dualgratingアットマークyahoo.co.jp まで)
<< 25年間の異空間人生 | main | 福祉工学カフェ >>
久しぶり
 かなりご無沙汰しておりまんなあ。
一度、ペースが乱れると、なかなか元に戻れへんもんでんなあ。
ブログ書くんが減ったんは、やってることが、かなり変わったからでんねや。
最近、何してるかっちゅうと、 ここであんまり書かれへんことですわ。
弁理士、以外のことに熱中しとりますねや。
どこぞのアホが、会社にこのブログのこと、言いよった、ちゅうこともありますねや。
ほんまにアホなことしでかしてくれましたで。
まあ、今日はそれは置いといて、最近のことちょっと書きまひょか。

 親父が寝たきりになってもうてね。ガンで入院して、肺炎になって、入院して3月くらいですわ。
点滴で生きとりますわ。もう、自宅に帰ることはなさそうですわ。
都島の療養型病院で、一生を終えることになりそうですわ。
 親父の人生を振り返ると、息子として色々考えまんな。
一時期、危篤ちゅうことで、親父の持ち物、ひっくり返してましたんや。
小さいタンスの幾つかの引き出しを、ワタイ自身40年ぶりにあけましたんや。
そしたら、親父の死んだ兄弟の遺品、死んだお爺の遺品が出てきましてな。
ワタイのお爺はんの遺品は、軍隊手帳ちゅうんか、出征の日時らが書いてあって、
軍の印らしきもんが押されてましたな。
 親父は3男で、次男の遺品もあって、それは給金袋でしたわ。当時勤めていた京都の印刷会社の名前が記されてましたわ。
 長男の写真もあってね。それは、出生時に、結核になって、小倉の軍病院に入院しているときのもんですわ。
 また、親父自身の学生時代の写真とかね。うちの親父は関大の2部法学部出身でね。
2,3年前に関大の2部法学部は廃止されましたな。関大の2部法学部いうたら、関西では、もっとも
有名な、働きながら通える夜間大学ですな。
 今では、学生数が減ってね。 最近は、働いてないのに、2部に行く学生が増えたっちゅうんもあって、廃止されてもうたとかいうことでね。
 親父は、証券会社でバイトしつつの通学ですわ。植木等に顔が似てるんやけど、若い頃はホンマに似てて、笑ろうてまいましたわ。
 これらの写真、スキャナで読み込まして、親戚に送ったろか、思いますわ。
 親父には姉がいててね。その子供ら、つまりワタイの従兄弟が4人おりますねや。
 その従兄弟からしても。うちのお爺はお爺ちゃんでっさかいにな。
 喜ぶかもしれまへんわ。
 と、いうてもその従兄弟と会うたんは、もう16年くらい前が最後ですわ。
 連絡先もよう分からんねんけどね。
 一人は裁判官やってるから、その裁判所に電話いれて、従兄弟や言うたら、回してくれるんやろけどね。
 ワタイ、画像処理のテク、もってるんで、その写真をうまく修整して、綺麗にしてやったら、感謝され、
また、親戚同士が仲ようなる、みたいなことがあったらええねんけどね。
 まあ、そううまくは事は運ばんと思うねんけどね。
 
 うちには、墓が無うてね。
 墓建てる金なかったんやろうね。天王寺の一心寺にお爺、その息子らがいてますわ。
 墓はワタイが建てる番ですわ。どこにしようかとね。
 今、ワタイは奈良市に住んでますねや。うちの父方も奈良出身でね。
 そやさかいに、やっぱり奈良かなと。
 生駒山の奈良側にいくつか墓地ありますねや。そこかいな、とかね。
 墓のなかには、オモロイもん一緒にいれたろかいな、とかね。
 親父の顔のレリーフとか作ったろか、とかね。
 写真は、なんぼ、百年プリントやちゅうても、もてへんしね。
 石、ガラス、あたりの表面レリーフやったら、相当もちまっせ。
 
 色々考えると、何や寂しいなってきますわ。
 久しぶりのブログで、落ちもないんやけど、
また、ちょろちょろ書こうかな、思うてますわ。


 
 



 

| - | 06:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.patentable.jp/trackback/1238033