にほんブログ村
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
にほんブログ村
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ブログ 前ちゃんの弁理士とは!

大阪城の東にある商売人の家の出ですわ。
国家上級試験(国家擬錙法⊆かりながら、フルに試験受けて弁理士になった遠回り人生。まあこんなんもおるやろうと。子供の頃から親父に連れられて行った緑橋の鈴屋!  最近は、京橋、鶴橋をプラプラしてますわ。 
 (このブログに個人的に感想を下さる方は、
  dualgratingアットマークyahoo.co.jp まで)
<< 家庭教師先の家は二号さん宅だった (その2) | main | 家庭教師先の家は二号さん宅だった (その4) >>
家庭教師先の家は二号さん宅だった (その3)
小学校5年生で、2次関数の方程式の勉強してるて何でやねんと思うてんけど、
それが公文式なんですわ。
公文式ってどんどん進みますやろ。その子供の能力の進捗で何年も先の分まで進みますねや。
で、4年くらい既に先取りしてますねや。
で、ワタイに課せられた仕事は、その公文式を競争して解くんですわ!!!
母親が、よういドン、と言ったら、その子と二次方程式の公文問題を別々に解きますねや!
普通なら10分くらいでかかるのを競争して、その子供が早く解く訓練しまんねや!
幸いにして、その子に負けることは何ヶ月もなかったけど、殆ど同じスピードやったこともありましたな。

そういう風に2時間勉強を教え???、帰ろうかとしたら、
母親からこの子とキャッチボールしてやってくれませんか、と頼まれましたんや。
で、授業の後は、必ず家の前でキャッチボールするようになりましたんや。。。
| - | 07:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.patentable.jp/trackback/1238221