にほんブログ村
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
にほんブログ村
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ブログ 前ちゃんの弁理士とは!

大阪城の東にある商売人の家の出ですわ。
国家上級試験(国家擬錙法⊆かりながら、フルに試験受けて弁理士になった遠回り人生。まあこんなんもおるやろうと。子供の頃から親父に連れられて行った緑橋の鈴屋!  最近は、京橋、鶴橋をプラプラしてますわ。 
 (このブログに個人的に感想を下さる方は、
  dualgratingアットマークyahoo.co.jp まで)
<< 夏でんなあ  | main | ケンブリッジ飛鳥選手は、飛鳥拳を思い起こさせる >>
中小企業は特許出願を行う必要はない  ー中小企業の特許戦略とはー

弁理士であるのに、申し訳ないんやけど、中小企業は特許出願を行う必要がない場合がある。

いや、もっと言うと、特許出願はせんでいい、ということや。

自分で中小企業を経営したら、分かってきますんや。

大企業は競争相手が明確で、クロスすんのが基本戦略ですわ。

例えば、キャノン、リコー、ゼロックスは毎年どれをクロスするかとか契約しますわな。

それは、お互いに複写機分野が完全にかぶっていて、同じような特許出願して、

互いの技術の区別とかでけへんようになったり、絶対に使わなアカン技術があったりして、

懸命にクロス交渉するわけですわ。

そやから、一個の特許で相手をやっつけるなんてことはまずないですわ。

新規事業は別ですで。  出願は必ずクロスの対象になるんでね。

けど、中小企業はどうでっか?

そこしかやってない技術とか製品とかであれば、競争相手がいえへんですわな。

そもそも中小企業は自分の製品を商品化してお金に変えることが目的であり、

それが妨げられないのであれば、特許出願する必要はないんですわ。

そりゃ、出願して登録なったら真似されへんけどね。

真似されても競争力を別途確保できれば、売れるわけで、当初の目的は達成されるんですわ。

そやから、出願する必要が、ない、ちゅうことですわ。

その商品と市場、そして競争相手の有無で判断するべきものですわ。

 

中小企業は、特許出願するな!

 

は、あたってるんやけど、弁理士は商売やからね。

なかなか言えまへんな。

商売やめたら、なんぼでも言えるんやね。

この考えは、自分が事務所以外の商売をしてたからやねんね。

楽天、ヤフーショッピング、などに出店し、

新価値創造展、大阪勧業展、Gift Show などに出展し、

商売の色々な勉強をしたら、弁理士ではあるんやけど、そういうことが分かってきてね。

ある意味、えらい進歩しましたで。

中小企業の特許コンサル、ちゅうか、知的財産経営コンサルになると思うけど、

それもでけると思いますわ。

逆に、弁理士のみの仕事をずっとしてきた知的財産コンサルさんって、どういうコンサルするんか、聞いてみたい気がしますわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 20:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.patentable.jp/trackback/1238233