にほんブログ村
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
にほんブログ村
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ブログ 前ちゃんの弁理士とは!

大阪城の東にある商売人の家の出ですわ。
国家上級試験(国家擬錙法⊆かりながら、フルに試験受けて弁理士になった遠回り人生。まあこんなんもおるやろうと。子供の頃から親父に連れられて行った緑橋の鈴屋!  最近は、京橋、鶴橋をプラプラしてますわ。 
 (このブログに個人的に感想を下さる方は、
  dualgratingアットマークyahoo.co.jp まで)
<< 姫路の宿 | main | 思い出(その2) >>
思い出(その1)

お久しぶりだんなあ。

またちょくちょく書こう思いますわ。

第一弾。

高校の時、大学受験がおますなあ。うちは貧乏人やったさかいに、

大学は国公立しかいけまへんでしたんや。

一浪して阪大基礎工電気に入ったんやけど、

一年目は某公立大を落ちてしまいましてなあ。

同志社、立命は受かったけど、まさかの公立大落ちで、

私立に行くわけにいけへんかったから、浪人しましたんや。

で、1年浪人してんけど、駿台模試で京大工学部合格率8割となったけど、

一年目みたいに落ちるやろうと思い、阪大に入れてもらいましたんや。

予備校は阿倍野YMCAですわ。

小学、中学とYMCAで英語なろうてましてなあ。

阿倍野YMCAに逆戻りですわ。

通学は自転車でねえ。

予備校の自転車置き場に、いつも同じ時間に通学してくるNさんという女の子がおってねえ。

予備校のアイドルみたいになってたけど、ワタイは最初は何も感じひんかってんけど、

毎日会うから顔みしりになりましてなあ。

ワタイが夏に坊主にした時は、ニコニコしてこっち見てたけど、

喋るような仲違うし、すれ違うだけでねえ。

でも何とのうチャーミングやなあと思うてたんやけど、

一回もしゃべらんと終わってまいましたなあ。

あの子どうしてるんやろうね。

淡い思い出ですわ。

| - | 18:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.patentable.jp/trackback/1238245